冬に多い心疾患対策にもフコイダン!

2017年02月21日
今日は、この寒い時期に多いと言われている
「心疾患」についてお話ししたいと思います。

「心疾患」は、がんに次いで2番目に多い死因なのですが、
心疾患というと、心筋梗塞や狭心症のことを言い、
どちらも心臓に関わる病気なのです。

この「心疾患」の予防についても、フコイダンが期待できる!
ことをお話したいと思います。


この「心疾患」、ちょうど今のような寒い時期になってくると
よく多発するといわれている病気です。





ではどうして、寒くなると起こりやすくなるかというと、
寒くなると、私たちの体は血管を収縮させて、
体温が外に逃げないよう、低くならないよう調節してくれています。

ところが血管が収縮した状態が続くと、
どうしても血液の流れが悪くなるため、動脈硬化が進んでいる方などは、
狭い血管がさらに狭くなり、詰まりやすくなるんです。





とくに暖かい部屋から急に寒いトイレやお風呂に行ったときに、
心筋梗塞などが起こりやすいと言われています。




その結果、心筋梗塞や脳梗塞などが起こってしまうのです。

「では、動脈硬化にならないように、気をつけます!」

って、簡単にできればいいのですが、
自分の血管の中が見えるわけでもなく、
動脈硬化が進むと痛いわけでも無いため、
なかなかそうはなりません。

動脈硬化を防ぐには、
血中の脂質を減らしていかないといけないのですが、
それも簡単に減るものではありません。


そこで、常日頃からの食生活、
例えば、脂肪の摂り過ぎに注意し、
食物繊維や豆類などを積極的に食事に取り入れることなど、
を心がける必要があるのです。

食物繊維の良いところは、
コレステロールの排泄を促しますので、血中への吸収を抑えてくれます。

ですから、毎日食べる食事を私どもの管理栄養士と一緒に考えながら
日々の食生活を見直されると、動脈硬化をはじめ
生活習慣病といわれる病気は予防することができます。

もし、日々の食生活の改善がなかなか難しい時は、
私どもがオススメしているフコイダンも、
食物繊維なので、コレステロールを排泄してくれますし、
さらには血中の中性脂肪も減らす効果が確認されています。

なので、食事で食物繊維がなかなか取れない忙しい方などは、
手軽に飲めるフコイダンをうまく活用されるといいと思います。

このフコイダンをお求めの場合は、
私どもショップフコイダンまでご連絡ください。

電話無料 0120-251-958

管理栄養士の山川までお電話ください。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
ショップフコイダン 店長 
掛江一也(かけえ かずや)

妻のがんがきっかけでフコイダンをお客様にご紹介し、14年目になりました。
1人でも多くの方がしあわせに毎日のくらしをいきいき過ごせるよう、と願いを込めて、フコイダンをお届けしております。

健康管理士一般指導員
健康管理能力検定1級
サプリメント管理士

取り扱いフコイダン商品
■フコイダン濃縮エキス 毎日フコイダン
■フコキサンチンカプセル アポネクスト

くらしいきいき株式会社 代表
https://www.kurashiikiiki.com/
ショップフコイダン
http://www.shopfucoidan.com

<< 2017年 02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
リンク集