フコイダンとは?専門店がお伝えするフコイダン療法

ショップ フコイダン

フコイダンとは?

フコイダンはモズクなどの海藻からとれる健康成分のこと

ミネラルが豊富な沖縄モズク 沖縄モズクはミネラルとフコイダン含有量が多い

フコイダンとは、もずくや昆布、わかめなどの海藻のねばねばとした粘質部分に含まれる成分のことで、水溶性食物繊維の一種、硫酸化多糖類に属する成分です。

もともと、このフコイダンは海藻が乾燥や紫外線、潮の流れから身を守り生命活動の維持にかかせない物質でした。

海藻 フコイダン

フコイダンの発見は1913年のこと。スウェーデンのウプサラ大学のキリン教授が発見しました。

戦後豊かになり健康への関心が高まり始めた1970年代以降、フコイダンはその健康成分に注目を集め、多くの研究者たちが我先に、と研究を行うほどでした。

1996年にフコイダンに関する学会発表があってから、代替療法の分野でたいへんな注目を集めるようになりました。現在では製法技術も高まり、以前と比べると純度の高いものを抽出することができるようになりました。

学会発表から約20年、インターネットを中心に様々な情報が飛び交い、テレビや雑誌などメディアからも注目、「フコイダン療法」とも呼ばれる位です。広く名前が知られるようになりました。現在でもサプリメントや健康食品、化粧品を中心に幅広く愛され、多くの方の健康に役立っています。

フコイダンの研究

フコイダンの研究1996年に学会発表があってから、代替療法の分野でたいへんな注目を集めていますが、2008年くらいにはさまざまな種類の商品が流通するようになり、

  • 「フコイダンとは?」
  • 「どんな違いがあるの?」
  • 「なにを基準に選んだらいいの?」
  • 「フコイダン療法って何?」

というご質問をいただくことが多くなりました。

実は今も昔も 「フコイダンとは、褐藻類から抽出される糖の結合体を含むもの」
というざっくりとしたものになり、フコイダンとは?と尋ねられると
そのように答えるようになります。

構成している糖の組み合わせは、海藻の種類や抽出の方法によって大きく異なりますが、現在のところは、褐藻類から抽出される多糖体をすべてまとめて呼んでいます。

また聞き慣れない言葉のせいか、「フコダイン」「フコイダイン」といった言葉で表現されることがあります。

フコイダンの高分子と低分子について

高分子と低分子の違いとは?

フコイダンは、もともと分子量が平均20万以上にも集まる『高分子 多糖体』(こうぶんし たとうたい)で、分子レベルで鎖のようにつながった形状をしています。

この成分がドリンクとして商品化されはじめた当初は、高分子のままだと体の外にそのまま流れて吸収されず、有効成分がしっかり働かないのでは?という説もあり、高分子のものを人工的に分解して低分子化させた液体状の様々なフコイダンドリンク等が注目を集めていました。

しかしフコイダンは元々、糖がくっついた大きな固まりが大切なポイントとなっているため、それをバラバラにして低分子にしてしまうと、活性度が落ちてしまうことがわかりました。

フコイダンの化学式 硫酸化多糖類の高分子。フコイダンとは、フコース、硫酸化フコースと呼ばれる糖をメインに、その他の糖(キシロース、ウロン酸、マンノース)が連結した多糖類です。同じ多糖類に「β-グルカン」や「アルギン酸」がありますが、フコイダンは「硫酸基」と呼ばれる高機能成分を含んでいることから、その健康パワーは突出していると考えられています。 フコイダンの化学式 硫酸化多糖類の高分子。フコイダンとは、フコース、硫酸化フコースと呼ばれる糖をメインに、その他の糖(キシロース、ウロン酸、マンノース)が連結した多糖類です。同じ多糖類に「β-グルカン」や「アルギン酸」がありますが、フコイダンは「硫酸基」と呼ばれる高機能成分を含んでいることから、その健康パワーは突出していると考えられています。

また最近の研究では、高分子フコイダンが体内に吸収され、血中、尿中に排出されることが確認されており、高分子フコイダンであっても体の中にとりこまれていることが確認されました。

現在では高分子のまま販売される商品が以前と比べると増え、高分子のフコイダンこそが認められる、という考え方が主流となってきました。

学会で研究発表される際に使用されているものも高分子のものが多く、フコイダン=高分子という認識が高まってきています。

フコイダンは高分子を推奨 フコイダンは高分子を推奨

なぜ、胃と相性が良いの?

フコイダンの研究フコイダンは硫酸基と呼ばれる成分が結合した硫酸化多糖体です。この硫酸期はヌルヌルの元となる成分です。

フコイダンの研究

また、私たち人間の胃粘膜にも硫酸基が存在し、胃のヌルヌルした粘膜を構成しています。

フコイダンとは、このドリンクを飲むことで、この胃粘膜をやさしくコーティングしくれるのです。

高分子フコイダンドリンクの原料と産地

高分子フコイダン (フコイダンドリンク)について

完全無添加のフコイダンドリンクは、毎日フコイダンです

純度にこだわった無添加フコイダンドリンク

沖縄は海藻の宝庫。フコイダンは海に生育する様々な海藻に含まれています。その中でも清らかな空気、豊かな自然の海に育まれる「沖縄モズク」には、良質なフコイダンが多く含まれています。

毎日フコイダンはフコイダン含有量が最も高い沖縄モズクを使用しています。

フコイダンドリンクの製造について

国内のGMP認定工場で製造しています。~GMP認定工場とは?~

原材料の受け入れから製造、出荷まで、全ての過程において、商品が「安全」に製造され、品質が一定に保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。

口から摂取する健康食品は、商品中に含まれる成分量にバラつきがでないよう、また有害物質が混入されないように最新の注意が必要です。

この問題を未然に防ぐためGMPが導入されるようになりました。 もともとは世界保健機関(WHO)が基準を作成し提唱したのがきっかけでしたが、国際的にGMPの義務化や自発的な取り組みが推進されています。

当店の商品はGMP認定工場にて徹底した品質管理のもと 商品の製造がおこなわれています。そして、安心・安全を形にするために、品質保証マーク『ハイクオリティ認証』を取得しております。

品質保証マークである『ハイクオリティ認証』

ハイクオリティ認証とは、安全、安心を求める消費者のために、 表示・産地に偽装はなく、人体に有害なレベルの不純物が入っていない、高品質、安全性を保持する環境で製造されていることを一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センターが第三者認証する制度です。

品質に関する様々な書類を提出し、「安全性」の厳しいチェックを通過した商品にだけ表示が許可される本物の品質保証マークです。

管理栄養士による食事・栄養相談について

フコイダンのことなら何でもご相談ください

毎日フコイダン

アポネクスト(フコキサンチン)カプセルや毎日フコイダン(フコイダンドリンク)は医薬品ではございませんので、日本の薬事法という法律上、飲み方や飲む量の提示が出来ないようになっています。

管理栄養士が1日のお目安量をもとに、飲用のアドバイスや食事の相談も行っております。

インターネットやメールでも受け付けておりますが、お急ぎの場合は、下記番号へお電話下さい。

当店では一番早くご相談いただけます。

フコイダンドリンクについての問合せはこちらにお電話ください。