がんの食事相談はフコイダン専門店のショップフコイダンにご相談ください。

がんの食事相談ができるショップ フコイダン
フコイダン 資料請求お申込み
フコイダン 電話番号


健康に不安をもったら、まずは食事相談 

食のドクター、管理栄養士による食事・栄養相談アドバイス

がんになったら食事相談

がんになったら食事相談

フコイダンのお客様から学んだ本当の食事の大切さ

当店のお客さまのもとへフコイダンをお届けにいったときのこと。
62歳の男性で、ショップフコイダンから車で20分ほどのところに住まわれていました。
以前ご病気の治療をされていたそうですが、お会いすると、顔色もよく、お元気そのものでした。
ご体調を維持されているお客さまに、通院していた病院の先生も「何かしているのですか?」と驚かれたとのこと。

フコイダンと同じように食事こそ治療になる

お客さまはご自宅で大きな畑を作り、野菜をたくさん育てていました。
その日思いがけず、お昼ご飯をいただくことになり、ご飯をいただきながら「なるほど」と声をだしてしましました。

食卓にはたっぷりのお野菜、具だくさんのお味噌汁、ふっくら炊けた玄米。野菜そのものの素材の味を生かし、口に入れてすぐ、体が元気になる感じがしました。お客さまの体調管理の大きな鍵は「食事」にあると感じた瞬間だったのです。

私たちの体は、食べた物から作られています。おおげさに聞こえるかもしれませんが、食事を見直していくことは「体の土台」を作っていると考えています。


フコイダンはお薬ではなく、いわゆる健康食品、大きなくくりで言えば食品になります。
ですから、毎日の食事同様、体調管理に気を遣う方には、なくてはならないものです。

体の不調があると、健康食品を利用する方も多いと思います。ただ「何を飲もうか」ということはよく考えますが、「どのような状態で飲むか」ということは、あまり考えません。

しかし、どんなにすぐれた成分であったとしても、ご本人の基礎的な生命力があってこそ発揮されるものだと思います。「体の土台」が弱っていては、すぐれた成分であってもそのチカラを十分に発揮できないのではないでしょうか。

フコイダン」だけではなく「フコイダン+食事療法」で、体の基礎となる土台を作り、さらなる相乗作用に期待したいと考えています。だから管理栄養士による食事相談が重要になるのです。

がんと食事で相乗効果

食事の改善って、実際どうすればいいの?

管理栄養士によるがんの方への食事相談が大切です

徹底した食事管理は、かえってストレスがたまってしまい、食事が楽しくなくなり食欲が落ちてしまうケースもあります。これでは本末転倒です。


簡単なポイントをおさえ、食事を選んでいただくことができれば大丈夫です。
まずは 「出来るところから始めてみようかな」 という気楽な気持ちで
フコイダンと合わせて、取組む事もおすすめです。

なかなかご自分の食習慣を見直す機会は少ないかと思います。
食生活を見直し、フコイダンと合わせて、現在受けられている治療が
より良く効果が出るように一緒にがんばりましょう。


   

   

    

管理栄養士や 栄養士は、医師が『癌治療(がん治療)のプロ』とするならば、 《食》 から健康をつくるプロフェッショナルです。

    

栄養士が健康な方々を対象に、食事の計画や食のアドバイスを行うのに対して、管理栄養士は個人を対象に、病院での検査結果や患者さんの病状、体質や 食事の摂取状況など、いろいろな要素を考慮して効果のでる栄養指導や給食管理を 行います。

         

とくに、病院や自宅で療養している患者さんや 保護者に対しては、主治医と連携しながら、栄養量や摂食方法、フコイダンを含む食品などについての指導を行うなど、臨床栄養学や健康管理に関して、より高度な知識と技術を必要とされ るのが 《管理栄養士》 の仕事です。

    

    

より具体的に管理栄養士についてお話しますと、

    

管理栄養士は、栄養士よりもさらに高度な資格で、知識においても栄養士より、より高い次元の知識を要求されます。栄養士にできなくても管理栄養士だけに認められている仕事があります。

    

ちなみに、国が定める栄養士法に定義されている管理栄養士とは、

    

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて

         

・傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導

    

・個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進
  のための栄養の指導

    

・特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、
  利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する
  栄養改善上必要な指導

 

        

が、できる職能技術を持った資格者となっています。

    

また、1回300食または1日750食以上の食事の提供がある病院あるいは介護老人保健施設などにおいては、管理栄養士を設置することが義務付けられています。

    

当然、管理栄養士は、他の栄養士の指導や教育も仕事の一つです。栄養士は調理の現場で働くことも多いですが、管理栄養士はより栄養を「管理する」ということに重点をおいて、専門的な仕事をすることになります。

    

ですから、この管理栄養士の資格を持つ私達と二人三脚で、身体の基礎を作り、免疫力を高めてくれる毎日の食事を効果的に見直し改善していく食事療法を取り入れつつ、足らないところをフコイダンをサプリとして食品と同じように補っていくのが最良の方法だとおすすめしています。

フコイダン・フコキサンチン + お食事の改善

食事 がん完治

食事 がん完治

お医者様は「治療のプロ」ではあるけれども、食のプロではありません。 「普段何を食べたらいいのか」ということまでは なかなかアドバイスしてくれないのが現状です。 「好きな物を食べていいよ」と言われることも多いようです。

はたして本当にそうなのでしょうか?

絶対に食べてはいけない物があるわけではないのですが、治療中はなるべく避けていただいた方がよい食材など、日々のお食事の中に取り入れていただきたいちょっとしたポイントがあります。

食のプロ「管理栄養士」だから 分かることがあります。 ご自身の <たたかう力> を引き上げていただくためには どうすればよいか? 当店は、フコイダンや食事相談を通じ、お体全体が より良い方向へ向かっていただくことを目的としています。体調に不安なときは、まずは食事相談を受けてください。

食事 がん完治

がんと食事について情報をお届けします。

管理栄養士によるがんの時の食事相談ができます。がんになったら、食事相談をしましょう

通信販売は、お客さまと直接お会いする機会がほとんどありません。
だからこそ、ご縁をいただいたお客様とのつながりを大切にしていきたいと考えております。
ショップフコイダンは、さまざまな健康情報を分かりやすくお伝えし、当店オリジナルフコイダンをご飲用いただいている お客さまへ無料でお配りしております。がんの食事相談も無料で受け付けております。

フコイダンは皆様のご相談に国家資格を持った管理栄養士がお答えします

フコイダンの事、お体の事、お食事・栄養面のご相談など、お悩み事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

フコイダン専任スタッフとして、数名でお電話をお受けしております。そのため、管理栄養士にご相談の場合は、お手数ですがその旨お伝え下さいませ。

専任スタッフ/フコイダン管理栄養士 受付時間 平日(月~金)9:00~18:00

がんの相談は当店の管理栄養士の相談窓口へ。


体感者続出。食事とフコイダンで 3ヶ月間しっかり内側から改善

もっている力を最大限に引き出す食事を今の生活習慣にプラスする。
食事の相談はいつでも無料でご利用いただけます。食事の改善とフコイダンにしっかりと
取り組んでいただけることで、大きな変化を感じていただくことも少なくありません。

3ヶ月間、食事の改善とフコイダンに向きあってみようかなと思われたら、すぐにご相談ください。
管理栄養士が食事相談とフコイダンのアドバイザーとして親切ていねいにお答えいたします。


フコイダン 福岡市 Copyright © 2009 kurashiikiiki Co.,Ltd. All rights reserved.

フコキサンチンフコイダンの注文フコイダンと
フコキサンチンの
ご注文はこちら

資料のご請求
資料▲ 上へ